東洋はり医学会 ★ 函館支部の紹介 ★

 函館支部は北海道の玄関口で夜景の街の函館市にあります。支部の歴史は全国の支部の中でも古い支部に入ると思います。毎月の支部例会では、全国の支部と同じように午前は宿題発表や治験発表などで午後は、基本刺鍼・小里方式(臨床実技)を行っています。

 しかし会員の減少に伴い新会員を増やす目的で、午前の発表形式を初心者にもわかりやすく経絡治療を学べるような講義なども行っています。

 特に、函館には函館視力障害センターがあり学生の聴講生も来ておりますので、学生の方にもわかりやすく経絡治療を解説しています。

 

 【講義内容】

  1、わかりやすい経絡治療(福島弘道 著)の解説

  2、初心者から上級者までの実技解説

  3、良く取り扱う疾患 (腰痛などの疾患を西洋・東洋・症例などを交え3回程度で行う)

  4、宿題・治験発表

   などを行っています。

 

 【毎月の例会の内容】

  ☆ 午前の部 09:00~12:00まで

    講義1 研究治験発表

    講義2 経絡治療入門編 (月により変更有り)

  ☆ 午後の部 13:00~16:00まで

   1、基本刺鍼

   2、小里方式 (臨床実技)

 

◯ 会場: 函館市民会館 (29年10月まで)

◯ 開催日: 毎月第3日曜日

◯ 時間: 朝9時から午後4時まで

◯ お問い合わせ: ☎0138-56-6208   宍戸鍼灸院 宍戸 孝至

 

※ただ今、会員大募集!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です