東海支部新規開業:こはねはり・灸院

本日は、東海支部の二宮金次郎こと、山羽誠先生の新しいはり・灸院
こはねはり・灸院 http://kohane-hari.com/
をご紹介します。

山羽先生は、本部57期。


「町のお医者さん的存在を目指したい」と、大変勉強熱心で、
待ち合わせをすれば、手には「素問・霊枢」。
いつも必ず、経絡治療の書籍を読んでいるか、タブレットで講義の録音を聴いているか。
本当に二宮金次郎さんなのです。
平成生まれのかたにはわからないですね(笑)

そんな山羽先生のこはねはり・灸院は
名古屋の近郊、いにしえから木曽三川の湊町として栄えた津島市にあります。

名古屋駅からバスで1本、名鉄電車でも津島駅まで30分程でアクセス出来ます。

明るく元気な山羽先生も、20代の頃は借金の返済や、うつ病・パニック障害の克服など
さまざまな人生経験を積んできました。

「経絡治療大好き!楽しい!」という山羽先生。
あれ?このセリフ、どこかで聞いたような・・・。
と、東海支部員なら誰でも思います。
そう、
東海支部学術顧問の18期・安田茂幹先生です。

二人とも、これ!と決めた道を、マニアックに勉強し、研究に研究を重ね、
またそれが楽しくて楽しくて!
という、とてもよく似ているなぁ~と、内心思っていました。

そうしたら、ある日山羽先生が
「安田先生のような生き方したい、なぁ~。」、と。

やっぱり!(笑)

安田先生は、常々「経絡治療の楽しさを、若い先生達に知ってほしい」と
おっしゃっていました。
石黒支部長先生もそうおっしゃっています。

何がそんなに楽しいの?と思われた皆さん。
一度、東海支部に顔を出してみて下さい。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
★山羽先生に治療院の名前の由来を聞いてみました。

 私の名前に羽がはいっているのが1つです(山羽なので)
 経絡治療は気の調整です。
 ほとんどが皮毛(気を司るは肺)にアプローチするくらいの柔らかな手技です、それほど軽い小さな羽のような治療という意味合いもあります。
 ひらがなの意味は、小さな子供でも赤ちゃんでも大丈夫ですよという意味です。
 そして、私がやれることは、はっきり言って大したことは出来ません・・・本当に小さなことです。
 ですが、その小さな事(羽)を患者さんに一つ一つ、少しずつ紡がせていただき、少しでも自由に飛び立てるようになっていただければいいな~という意味合いもあります。
 ロゴのハチドリは神話が由来です
 「私は私のやれることだけやっているの」
  興味があればお調べください

 ◎そこで調べてみました(^-^)

 ハチドリは、アマゾンの神話からの由来ですね。

 アマゾンの森が燃えているときに、大きい動物たちは逃げていったけれど、ハチドリだけはそこに残りくちばしに1滴ずつ水を含み、その燃えている森に落としていました。大きな動物たちは馬鹿にして笑っていましたが、ハチドリは「私は、私にできることをしているの」と言って水滴を落とし続けるのです。

 自分のできることをコツコツとやる。患者様のためにその努力を惜しまない姿は、患者様はもちろん、支部員の方やその他周囲の方にも大きな影響力を与えていると思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


こはねはり・灸院
℡0567-32-3360 メールinfo@kohane-hari.com
9:00~19:00(最終受付) 日曜日定休
アクセス(東海支部ブログ)
https://ameblo.jp/tokai55-toyohari/entry-12438676249.html

安田先生 丸一治療院
http://www001.upp.so-net.ne.jp/Maruiti-Tiryoin/index.html

東海支部HP
https://www.e-nakama.jp/touhari21/

東海支部ブログ
https://ameblo.jp/tokai55-toyohari/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です