待合室の太陽と月と星座のレリーフ

月と人のからだ

月は、昔から様々な言い伝えがあり、良くも悪くも「神秘の存在」として祀られてきました。月の光は恋人達の想いを一層強めたり、また反対に、狼男のように人間を変えたりもします。 実際、満月近くになると「むくみやすい」だとか「食欲 …続きを読む

東洋はり医学会の刺絡治療

3月本部会での高等部の実技様子です。 3年目となる高等部では和気あいあいとした雰囲気で 初めて刺絡治療がテーマだっため皆さん前のめりで興味深々でした。   刺絡治療は最も古い治療法であり、東洋・インド・地中海方 …続きを読む

活気のある東洋はり医学会の実技

3月本部会での普通部2年生の実技様子です。 実技テーマは総合的な経絡治療と2年生最後の実技にはピッタリだと感じました。 総合的なので各班ごとに四診法(望診・聞診・問診・切診)を行い 証を決定し、虚実を弁えて補瀉する本治法 …続きを読む

ひとつひとつの基礎が大切

3月から講習部生のカリキュラム紹介をさせて頂きます! 普通部1年生の実技様子です。 当会では手から手への技術指導を大切に伝統的な脉診流経絡治療を ひとつの班に対して受講生4人前後と少人数制での実技体制になります。 &nb …続きを読む

新たなる春(樹齢三百年の枝垂桜に想う)

桜のニュースが多くなってきました。画像はテレビでも中継される六義園のシダレ桜です。春の訪れと共に、新年度を迎える気運を感じております。 この六義園は五代将軍綱吉公の側用人、柳沢吉保が1695年に賜った土地に造らせた庭園で …続きを読む