東洋はりは私の患者へベストの結果をもたらす治療方法

ノースウエスト支部 Dan Zizza(ダン・ジィザ) 

ダン・ジィザ

なぜ鍼灸師になったのですか?

私は1989年鍼灸師になりました。大学時代に東アジアの文化人類学の学位を習得してその後、鍼灸の勉強に興味を持ち始め10年間太極拳と気功の勉強をしました。

なぜ東洋はりを選んだのですか?

最初に機会があった時に経絡治療の勉強をし始めました。1986年、私がまだ鍼灸学生の頃、経絡治療の授業を受け気の調整調和にフォーカスを置く事と、治療時での脈のフィードバック、そして優しい鍼の手技を大変好みました。

最初にアメリカで開催された“わかりやすい”の講習会では故高井会長、故柳下会長、元高橋副会長、現中田会長から指導を受けました。その後1995年に最初の東洋はりプログラムがシアトルで開催され、1996年にプログラムを卒業しました。

なぜ経絡治療を続けているのですか?

東洋はりを続けるのは私のスキルを深く向上したいためです。そしてよりよく患者を助けることができるようになりたいからです。あらゆるシステムの鍼灸を勉強しましたが、私の患者へベストの結果をもたらすのは東洋はりが最も効果ある治療方法です。

東洋はりの勉強と臨床はとても豊富で満足感がある

ワシントンDC支部 Zoë Brenner(ゾィ・ブレナー) 

ゾィ・ブレナー

なぜ鍼灸師になったのですか?

40年前私はマッサージと身体を指向する精神療法を習得し、鍼治療を受けました。
私の健康状態に良い効果を受けた事にとても驚き、これは勉強しなければならないと感じました。

なぜ東洋はりを選んだのですか?

私はスティーブン・バーチ氏の友人で、彼と共に日本式鍼灸の勉強をしました。私のオフィスで彼が患者に東洋はり治療の施術を私は目にしました。脈の変化に非常に感動し、それはいつもの感覚とは異なるものでした。鍼の手技のみにさえ、そのスキルのレベルに興味をそそられました。それで、20年前に私のオフィスで東洋はりプログラムを教えられる計画を準備しました。

なぜ経絡治療を続けているのですか?

私は東洋はりの勉強と臨床はとても豊富で満足感があると感じ続けます。診断および手技能力の向上の挑戦に私は常に興味を持っています。私の患者に対する影響は、全く価値があり絶えず驚かされます。彼らの生活の質が改善され感謝されています。

ヒーリングのプロセスと生命への感謝に常に魅了され興味を注ぎ私を成長の道へと導いています。私は多くの患者さんからと臨床経験から多くのことを学びます。

東洋はりは私の一部です

ボストン支部 Martin Feldman(マーティン・フェルドマン) 

マーティン・フェルドマン

なぜ鍼灸師になったのですか?

人生で何をするかを考えた時、また学校に行くだろうと常に思っていました。交通事故の後にカイロプラクターから鍼灸師を紹介されました。鍼恐怖症でしたが、鍼治療に魅了され2年半後にはニューイングランドの鍼灸学校を卒業、その後は決して振り返りませんでした。

なぜ東洋はりを選んだのですか?

私は間中先生と首藤先生の日本式鍼灸をすでに勉強していました。 私の親友のスティーブン・バーチ氏は、私達が1990年にボストンで東洋はりの勉強をするために、日本からある鍼灸師を招待しました。私は故福島弘道先生と最も鍼灸歴のある先生方と東京で6日間に及び気を感じる勉強をすることができ幸運でした。そして多くの方の援助を受けて現在の私に至っています。

なぜ経絡治療を続けているのですか?

東洋はりは私の一部です。
私は臨床、教育、勉強がとても好きです。他にすることなんか何があるでしょうか?

入会し、ご指導いただいたことが私の治療室を支えてくれています

品川支部 阿部 沙代子 おひさまはりきゅう治療室

阿部 沙代子

私が東洋はり医学会と出会ったのは、現副会長である谷内先生の治療院に患者として通っていた事がきっかけです。仕事のストレスや疲れが原因で身体を壊していたのですが、ご縁があり鍼灸師の道に導いていただきました。鍼灸学校卒業後は、道しるべができあがっていたかの様に当学会に入会。初めての環境で、どんな先生方がいるのだろうと不安でしたが、講師の先生方が丁寧に技術指導をしてくださいました。開業したばかりで悩む事が多かったのですが、勉強会では図々しく先生方に相談し、どんな質問にも丁寧に答えてもらっていましたので、何とか臨床の場で活かしていくことができました。

この会に入会していなければ、私の治療室は今まで続いてこれなかったかもしれません。現在も勉強会の度に手技向上の手直しをしてもらい、知識を習得しています。開業して6年。何よりも温かく人情溢れる先生方ばかりで、私にとって心地の良い場所になっています。あなたも東洋はり医学会の仲間になりませんか?お待ちしています☆

“一割”の鍼灸師になるために

高橋 祐太 はり・きゅう 慈雨治療院

高橋 祐太

鍼灸学校に入学した日に校長に言われたのは「この中で鍼灸師として生きていけるのは一割です」という衝撃的な言葉でした。21歳で資格を取得し、鍼灸整骨院に就職しましたが、この先自分が鍼灸を生業としていくためには「核」となる物がなければ生き残れないと思い、東洋はり医学会に入会しました。25歳で開業して実感したのは、「鍼灸師は孤独な職業だ」と言う事。基本的に全て独りで患者さんを診察・治療しなければなりません。自らが行った手技手法が正しいかどうか、確認するすべがない人がほとんどだと思います。入会する事により、日本全国の会員と同じ治療法を共有する事ができます。悩みや疑問をぶつければ、誠心誠意答えてくれる場所ができた事が、自分にとって大きな支えになりました。

東洋はり医学会は、前述の“一割”の集まりです。鍼とお灸と、自らの腕だけで生きていく為の“学と術”を、皆様と一緒に学んでいけたら嬉しいです。

何でも丁寧に、納得いくまで付き合い教えてくださります

本部51期生 平賀 サツキ 花うさぎ鍼灸院

平賀 サツキ

鍼灸師免許を取得して7年になります。

学生の頃に東洋医学概論に興味を持ち、卒業後は刺激鍼ではなく経絡治療をやって行こうと思っていました。経絡治療をやっている先生方で働かせて頂ける所を探しましたがなかなかなく、就職するのをやめ東洋はり医学会で学ぶことを決意しました。2年程岩手支部で学び、現在は本部へも通っております。

東洋はり医学会へ入会してまず感じたことは、支部・本部共に先生方がとても親切なことです。今現在鍼灸院が数多く増え競争の時代、自分の技術はなるべく教えたくないと思いがちですが、東洋はりの先生方は何でも丁寧に、納得いくまで付き合い教えてくださります。(おそらく先輩方もそのような指導を受けて来られ、自然とそうなっているのではないでしょうか)実際の実技でも「手から手へ」をモットーに実際押手の当て方、圧の加減、など細かい所まで教えてくださります。

また、これも他の会ではありえないことと思いますが開業に関しても親身になって相談に乗ってくださります。私は、当初「免許を取得して5年ほど経ち腕も磨けた頃に出来たら開業したい」と曖昧な感じで思っておりました。ですが、「そのようなことを言っている人はいつになっても開業出来ないんだ、分からないことがあったらサポートするからまずやってみなさい」と先輩に背中を押され、免許取得後約半年で開業しました。

開業してから、大変なことも多々ありました。しかし、先輩方のサポートのお陰で何とかやれています。

支部も良いですが、本部へ通うことで更に細かい内容まで学ぶことができます。講習部では3年かけて経絡治療の基本をしっかり学ぶことができます。もちろん、「どんな質問も大歓迎」というのも嬉しい特典です。《はり専門家への道》という講義では、大先輩の方々の開業までの道のりや苦労話…、経営についても話してくださりとても大好きな講義の一つでした。

免許取得から7年。教わる立場から今度は教える立場へ変わりつつある今現在。今度は、自分が教わった時のようにいかにわかりやすく丁寧に後輩に教えられるか・・今後の課題です、後輩に教えることで自分も更なる成長に繋がると先輩は言います。

おそらく東洋はり医学会に入っていなかったら、ただやみくもに患者さんを治療するだけで鍼灸師としての成長はなかったのではないか、おそらく開業も考えられなかったと思います。

このような経験からも東洋はり医学会は、技術のみではなく、人格も育ててくださるお勧めの会です。

文字通り『手から手へ』の指導

足立支部 藤澤 敏人 今治鍼灸院

藤澤 敏人

鍼灸師の国家免許を取ったのは、10年前、65歳の時でした。その後、東洋はり医学会に出会うまで、3年間2か所、別の勉強会に出席していました。

最初に行った会は、西洋医学的な勉強会で腰痛に対しては、ここにこういう風に鍼を打つ、というように教わりました。2か所目は、東洋医学的な鍼を教える会でした。本部会と支部会があり、支部会は個人的な指導をしている会でした。先生の指導を受けたいとお願いしたところ、いい返事を頂けなかったので、勉強会に行くのをあきらめました。

東洋はり医学会では、本部会、支部会ともに文字通り『手から手へ』脉の診方、腹診について教わり、おかげさまで開業することが出来ました。開業後も、頑固な便秘症、不眠症などについて、先輩、同期の先生方の指導を受けながら臨床を続けております。

今年度、56期生25名は、21歳から74歳の方が入会され講習を受けております。どこの会にしようと迷っていらっしゃるようでしたら、東洋はり医学会へ参加されることをお勧めします。まずは、支部会・又は本部会の聴講を受けられるのがよろしいかと思われます。